スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

モデルハウスからのお知らせ

毎度格別のお引き立て賜り誠に有難うございます。

夏の行事も目白押し、皆様の休日も、海へ山へ、
モデルハウスへ?とお出かけにお忙しくされていらっしゃいますでしょうか。

さて、当社モデルハウスでも、イベントなどでご利用して頂く事があり、
一般のお客様に極力ご迷惑をお掛けしない様、平日の開催にして頂いておりますが、

今月も下記の要領で、半日クローズさせて頂きます事をお知らせ申し上げます。

当日、ご来場予定のお客様がいらっしゃいましたら、
迷惑をお掛け致しますが、ご後日改めてお越し頂けます様、お願い申し上げます。


         8月8日(金曜日)  AM10:00~ 12:30予定


※   尚、夕方以降でご見学ご希望のお客様がいらっしゃいましたら、どうぞお気軽にお申し付け下さい。)

どうぞ宜しくお願い致します。
                                         モデルハウス担当 川
スポンサーサイト
  1. 2008/07/31(木) 09:00:00|
  2. モデルハウスだより
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

一度は訪れたい美術館

今年の4月にオープンしたばかりの十和田市現代美術館。

museum_image.jpg

青森県十和田市にある美術館です。
十和田市が街の中心地で空き地が多くなる現状で、魅力的で美しい景観を取り戻す為
「Arts Towada」計画というまちづくりを計画し、そこから生まれた美術館のようです。
中には国内外で活躍する21人のアート作品が展示されているようですが、ただ展示しているだけではなく
作品と空間を結びつけ、美術館全体でアートを体験できるようになっているそうです。
平成22年には美術館の周辺にもアート作品を完成させ、アートの街としてアピールしていくそうです。

札幌でも将来、大通りなどがアート通りとなり、たくさんの名建築物が立ち並び
アートの国際都市として世界から認められるようになることを望んでいます。    草野

十和田市現代美術館
http://www.city.towada.lg.jp/artstowada/index.html


使用した画像は十和田市現代美術館ホームページから使わせて頂きました。
  1. 2008/07/28(月) 08:25:46|
  2. 社員の独り言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

花フェスタin赤れんが

s-Image1681.jpg

先日、札幌の街の中心街へ所用をたしに行ったとき、
何となく道庁方面に足を運んでみました。

洞爺湖サミットの関連行事の一環として
「花フェスタin赤れんが」が開催されていました。


s-Image1661.jpg





地産地消をテーマに北海道内の各町村から出店がでていて、
なかなかにぎやかな雰囲気でした。
トウモロコシとぐるぐるのソーセージを購入しました。




オープンテラスも用意され、夜はビアガーデンにもなるそうです。
(プロ・アマのバンドの演奏もあるそうです)



北海道環境大使のヨサコイチャピと記念撮影をしました(光栄です)

s-Image1691.jpg



期間は7/4~8/9までとなっておりますので、札幌の短い夏のひと時、
皆さんも是非一度行かれてみてはいかがでしょうか?

yokota
  1. 2008/07/26(土) 11:15:36|
  2. 社員の独り言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

海外研修

今年の海外研修の行先はオーストラリアでした。

研修の目的は、世界中の色々なものを間近に触れることによって視野を広げ、
一人一人のさらなる飛躍を期待してのこと。

帰路に向かう皆の眼差しは行きのそれとは心なしか違って見えます。


真冬の日本から一転、夏のオーストラリアは
リゾートを満喫するにも、建築を学ぶ上でもふさわしい国でした。


海外に行っても、職業病なのか目につくのは、やはり住宅ばかり。

s-R0010873.jpg


毎回、バスを借り切って、住宅見学ツアーを行っています。

今回の場所はシドニーのとある高級住宅街。
s-R0010879.jpg


オーストラリアは、歴史柄、ヨーロッパのテイストが色濃く残っていましたが、
驚いたことに、この地区の家のスタイルは様々。


s-R0010880.jpg


クラッシックな伝統的建物の中には、「キューブ型」と呼ばれるシンプルを追求したモダン住宅も・・・

ケント・ハウスの建物にテイストが似ていて親近感を感じる一時でした。

s-R0010881.jpg


建物は、景観を壊すことなく、自然に溶け込まれ、
風景の1つにおさめられていました。



国は違えど、シンプルなスタイルは長く受け継がれるのかもしれません。   

                                             FUJIMOTO

  1. 2008/07/24(木) 20:17:12|
  2. 社員の独り言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

季節のお便り part 2

海の日も過ぎ、夏真盛りのこの季節、
北海道では、遠出のドライブ へ出かける方も多いのではないでしょうか。

私も先日、久しぶりに友人と ランチを兼ねて、小樽へドライブ に行きました。
以前のブログ にも書きましたが、すこぶる方向音痴なので、私の運転で出かける場合、
青看板と道路地図を見ながら、必然的に・・・札幌近郊になってしまいます。フフフ・・・

私にとって小樽・銭函は、昔 ウインドサーフィン をする為に 毎週末通った 懐かしい場所であり、
乙女のロマンス育んだ?所であり、親友と 海に向かって 「 波のイジワル・・・ 」 と小さく呟いた ( ホント? ) センチメンタルな場所でもありますが、
小樽近郊に住む方々でしたら、同様に 様々なエピソード など お持ちではないでしょうか。


小樽と言えば、 “ あまとう ” や “ なると ” は有名ですが、
今回ご紹介するのは、その名も  「 明治 」
明治37年 開業した明治眼科さんの 昔の建物をそのまま活かした建物で、      明治 外観①
美味しいパスタを食べさせてくれるお店です。
( 現在の明治眼科さんは、4代目の方がお近くに近代的な医院を建てられ、診療されていらっしゃいます。 )

ツタ が絡まるマンサード屋根の 大変 レトロ で ノスタルジックな佇まいのお店。
至って カジュアルな民家風のお店で、猫ちゃんが足元で戯れていたり、 海の町 小樽にも関わらず
山の幸 “ きのこバタースパゲティ ” (そんな名前だったかしら?) が 物凄く濃厚で メチャメチャ美味しいなど
中々インパクトのあるお店ですが、
それ故に 暫くするとあの濃厚さを あのノシタルジックな異空間を 求めずにはいられなくなります。

     レストラン 明治 稲穂2-2-13   営業時間 11:00~20:30 (日曜、祝日は~19:30) 不定休


美味しいパスタを堪能した後はいつも、地獄坂を登り小樽商大手前を右折、JR小樽駅裏手にあります
「 旭展望台 」 へ向かいます。
お天気が良い日は、石狩湾や積丹半島も望め 200度の景色を一望出来る ビュースポットです。

旭展望台 昼眺望② 日中はこんなに爽やか 
     
                                       旭展望台 夜景③
                                           夜はこんなにロマンティックです

漫画(アニメ) 「 最終兵器 彼女 」 という作品に出てくる 展望台のモデルになった場所でもあり、
最近では、かなりメジャーになってしまいましたが、

旭展望台 (最終兵器彼女 舞台)④

こちらには、彫刻家 本郷新さん作で 最近話題の プロレタリア作家 小林多喜二さん( 代表作 蟹工船 )の文学碑もあります。

                                       小林多喜二 文学碑⑤

お天気の良い日には ちょっと遠回りし、いつもと違った空間で 美味しい食事を堪能したり、
知的好奇心を満たしてくれる プチドライブ を楽しんでみてはいかがでしょう

7月25(金)~27(日) は潮祭りで、旭展望台からは 最終日の花火が見えます


追伸
昨晩、東北地方で、また大きな地震がありました。
ケガをされてる方や、様々な被害が出ている様子をニュースで拝見致しました。
謹んでお見舞い申し上げます。   

                                                          川崎
  1. 2008/07/24(木) 09:00:00|
  2. 社員の独り言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「SWEDEN」

スウェーデン・Rorstrand社で1960年代に生産されたAnemonシリーズのディナープレートです。
画像 011
画像 010
人気が高いシリーズでなかなか手に入らないシリースです。
3年ほど前に偶然雑貨店で見つけ、これは運命だ!と思いました。
白と茶の絵柄がなんともあたたかい感じ。
普段使いのものはどんな料理も映える白山陶器などのシンプルな白や黒を使っていますが
コレクションというほどではないけど北欧のヴィンテージも好きです。
ほかにもフィンランド・アラビア社が有名ですね。                   鎌田

                             
  1. 2008/07/17(木) 09:00:38|
  2. 社員の独り言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

---ある日の休日---

先月の話になってしまいましたがニセコに行って来ました。

080614_1531~01

080614_1518~01

ニセコの大湯沼や

080614_1224~01

半月湖などに行きました。

神仙沼入口近く(沼、湖ばかり…)の展望台で野生のリスにも遭遇。

もの凄く近くにいたのですがカメラを手にした瞬間に姿を隠してしまったので
カメラに収める事が出来なかったのが残念です。。

ココ最近ニセコは
ウィンターシーズンにオーストラリアやニュージーランドから多くのスキー客が訪れ
外国の方などがペンションや別荘、
そこに訪れる観光客目当てのお店などが沢山建てられているそうです。

。。。。。

私達一行はと言うと
新しく出来たシュークリーム屋さんと
オーガニック料理を出す軽食屋さん(ココは店主がご自分で家を建てられたそうです)と
手作りチーズ屋さんと手作りウィンナー屋さんとハシゴのハシゴ。。。


天候にも恵まれ、羊蹄山を見ながらご飯を食べられるのは良いなぁ~と思ったのですが
シュークリーム屋さん以外のお店はどれも
1階基礎高の工房や車庫で2・3階木造建てのところばかり!?
周りのお店などもほぼ同じ造り???

ココは雪が沢山降る所なので雪との暮らしを考えた結果かな?…と勝手に想像し
勝手に冬の厳しさを垣間見て来ました。

                                              堀内
  1. 2008/07/14(月) 08:37:51|
  2. 社員の独り言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

--- 長所と短所 ---

人間にはそれぞれ性格の違いがあります。

たとえば、個人がそれぞれ持ってる長所と短所・・・

とかく、人間は短所ばかりに目が行きがちで、相手の
長所からは目をそむけてしまう動物なのかもしれません。


どんな人でも、その人の素晴らしい『長所』はあるものなのです!!

・・・とはいうものの、さて、自分はどうなのか?と冷静に考えても、
短所ばかりが思い浮かんで、なかなか長所が思いつかないのが
情けないところ・・・


しかし、最近は極力、相手の長所を見つめるように心掛けているつもりですが・・・

私が育った時代(年齢?)は、スパルタ教育の時代でありまして、いわば、
『根性』の中で育って来ました。

そのせいか、人を褒めて教育をするということが苦手でした。


しかし、時代も変わり、スパルタ式では現代人は付いて来てはくれません。

そういういことを考えながら、人それぞれが持つ、『長所』を積極的に見て
褒めて育てるよう心がけようと思っているところです。


話は変わりますが、住宅についても、自分たちが今住んでいる「家」を改めて
見直したときに、気に入っている点も、逆に気に入らない点もあるかと思います。


自分にとって、「良いところ」 そして「悪いところ」


現在、私たちが造っている家は、全てが手造り。

造った人たちの魂が入っていると思っています。


中には、不具合の箇所もあるかもしれません。


気になるところがあれば、誠意を持って対処して改良をしていきながら、良い家づくりを
していく努力が大切なのではないでしょうか?

現在、暮らしている家を眺めた時に、良いところも必ず数多く見つかるはず。

人間も、家も、良い部分をより多く見るように努力してみようではありませんか!!

長沼

  1. 2008/07/10(木) 16:25:29|
  2. 社員の独り言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

友人的お客様。

拝啓 M・K様 お元気ですか?

M・K様とはお客様なのですが、公私混同しながらのお付き合いをさせて
いただいて、数年。。。 本当にお世話になっているのです。

M・K様はとても素敵な方で、ディスプレイの達人。

お宅を拝見させていただくと、ただただうっとりとその空間の美しさに感動
してしまいます。

朝などは、まるで室内に小鳥が飛んでいそうなムードがあり、
そんな暮らしを自分で創り出して楽しむ生き方そのものが素敵だな~
と思うのです。
s-M邸階段まわり




このチェストもご自分で取っ手を付け替えて額縁も自分自身の手で塗りなおし。

s-M邸画像


元々使っていたソファーも肩もみ機さえもカバーリングで再利用。

s-M邸リビング


リビングのテーブルなどは床フロアの残り木で手作り。

先日に至ってはエアコンの室外機を隠す木製格子などなど大工さんさながらの
超大作も。

そして、彼女のアンテナで集められた数々の装飾品の面白さは必見です。

s-M邸リビング吹き抜け1


そんな魅力的な方に出会うと、自然と触発されて家に帰ったらちょっと暮らし方でも
変えてみたくなるもの。

そんな素敵な方々に選ばれているケント・ハウスだということも、とてもありがたく、
この出会いをこの先もずっと大切にしていきたいと思っています。。。

                                           林
  1. 2008/07/08(火) 09:20:34|
  2. 社員の独り言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ケント・ハウス ホームページ更新のお知らせ

日毎に、夏の暑さが感じられるようになってきましたが、
皆様いかがお過ごしでしょうか?

さて、このたび、ケント・ハウスのホームページも夏バージョンに
衣替えいたしました。

新しい建物も新たに加わり、ボリュームアップでお届けしております!
ぜひご覧くださいませ。

ケント・ハウス ホームページ
  1. 2008/07/07(月) 22:59:48|
  2. インフォメーション
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

***現場のかほり***

いよいよ7月に入り、各現場も活気に満ちあふれています。

それぞれの現場は、着工時期も異なっているので、進行具合も違ってはいますが、
現場を訪れるたびに、建物が「成長」していて、そこには必ずと言っていいほど
驚きと感動に出会うことができます。


自分の家の着工中は、毎回見に行っていたのは
もちろん我が家だけ。

自分の希望や想いがそのまま形になっていく過程をこの目で
見られるのは、うれしい反面、ドキドキも想像以上のもの。

ちゃんとできているだろうか?

イメージ通りに仕上がっているだろうか?

ワクワク感とは別に湧き上がる そんな不安で心配な感情は、
まるで子供の初舞台を見守る親の気持ちのよう。


s-001.jpg


お客様の現場に行かせて頂くたびに、その頃の気持ちが
走馬灯のように蘇ります。

s-002.jpg


どの現場の雰囲気や風景は似ていても、違っているのは
そこに漂う「香り」のようなもの。。。

その香りがやがては、その建物の個性となって建物自身が放つ
オーラとなるのかもしれません。


それを見届けるまで、各担当者は何度も何度も現場に足を運びます。。。

s-005.jpg


現場の隅では、細かい「おさまり」について議論された
であろう痕跡も、こっそり覗き見ることができます。

我が家の時とは、少しずつ変化している仕様や細かいディティールの
「おさめ」も、よくよく聞いてみると、実はそこにはちゃんとした理由が
ありました。

現場では、常に教訓が生かされ、日々バージョンアップしているのです。

そんな違いを探すのも、個人的には興味の尽きないところ・・・

現場に行って、図面と実際の建物を何度も交互ににらめっこ
しているうちに、不思議とその現場に対して、思い入れが
深くなっていくのです。

だから、なるべく足しげく通いたいたくさんの「現場」



あれ?。。。
こんなにかわいいおまけもみ~つけたっ!!

s-009.jpg



完成したお客様の住宅は、ご好意により内覧会が行われます。

次回の内覧会で、ぜひお会いしましょう。。。

                        富沢




  1. 2008/07/04(金) 22:06:59|
  2. 社員の独り言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

s-niji[1]
数週間前、札幌で虹が出たそうです。
雨上がりではなく曇り空の日に、、、。
虹を見たいと思ってもなかなか機会に巡り会うことは出来ません。
また巡り会えたとしても10分も見えていないんだろう???
偶然巡り会えたとき、自然の美しさに時間を忘れます。

以前、緑が見えるとても素敵なお宅にお伺いした時、
自然の美しさに時を忘れそうになりました、、、。ありがとうございます
最近は、自然に触れることが出来る空間にココロ惹かれています。
横井
  1. 2008/07/02(水) 10:09:09|
  2. 社員の独り言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カテゴリー

月別アーカイブ

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。