スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

雪あかり

先日、久しぶりに旧日銀小樽支店の前を車で通ったとき
同じ色のジャンパーを着た10人位の一団を見かけてなんだか嬉しくなりました。


8.jpg



なぜかと言うと、新聞で雪あかりのボランティアについての記事を見ていたからです。
そこには、韓国からボランティアに来ている人の事が紹介されていたのですが、
彼は日本に留学で訪れた時に、参加した雪あかりで人の優しさに感動し、
帰国したあと韓国でホームページを作り毎年仲間と参加し、
今年は70人位の予定で募集をしたところ渡航費・宿泊費・食費は自己負担なのに
200人ほどの応募があったと書かれていました。
記事の最後に「同じ色のジャンパーの一団を見たら声を掛けてはみては?」と
書かれていたのですが、さすがにそれは無理でした。


22.jpg


雪あかりのボランティアの主な仕事と言えば、寒い中消えたローソクに火を付けるといった
地道な作業で、札幌の雪まつりと違い大規模な雪像も無く知名度もまだまだですが、
「手作り感」満載で小樽らしく地元民の自分としてはとても気に入っていますが、
そんな雪あかりに多くのボランティアが参加してくれて感謝です。                堀内
スポンサーサイト
  1. 2008/02/18(月) 10:16:13|
  2. 社員の独り言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<社員研修旅行 | ホーム | 麗しのオペラハウス>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kentnews.blog109.fc2.com/tb.php/121-a713d541
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリー

月別アーカイブ

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。