スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

季節のお便り part 1

「 札幌の開花予想は4月29日 」 (24日という情報もありますね)との発表がありました
いよいよ札幌も 桜の季節 がやってきましたね。

桜というと、菊と並ぶ “ 国花 ”の1つですが、
「 桜 」 の語源は、その昔 “ 穀物の種まきの頃、咲き誇る ” というところから、
サクラの 「サ」 田の神、サクラの 「クラ」 神の依代 ( よりしろ )
すなわち 「 穀物の神の依代 」=サ・クラ と呼ばれる様になったとか・・

あるいは、日本最古の書 「古事記 」 に登場した女神
木之花咲耶姫( コノハナ=桜 / サクヤ=咲く・・桜が咲いた様に美しい姫の意 )
からくるとか・・

古典で 「 花 」 は 「 桜 」 を示す事からも、
本当に古い時代から 桜は人々に愛されているのがわかりますね。

斯く言う私も、「 桜 」 は カサブランカ・ラナンキュラス・トルコキキョウに並ぶ、大好きなお花です
桜の中では特に、祖父母の家にあった “ 鬱金ウコン ”や“ 松月ショウゲツ ”が好きでした。

                    松月ショウゲツ     鬱金ウコン

なぜ、こんなにも人々は 桜 に魅了されるのでしょう・・

実はこの桜、花粉に エフェドリン という物質が含まれており、
アドレナリンと同じような 「 交感神経を刺激し興奮を誘発させる 」 という働きがあるそうです。
( そう言えば、春になるとちょっぴり ドキドキ・ワクワク するのは、そのせいでしょうか? ウフフ )

また、桜餅の葉から香る 独特の甘い香りは、クマリン という成分で抗菌性もあるそうです。

そんな素敵な桜の木、マイホーム計画の片隅に取り入れてみてはいかがでしょう。

少し和風な印象の桜の木、意外にデリケートです。浅く根を張りますので、
踏み固められる様な場所や、日陰・剪定・潮害にもダメージを受けやすいかも知れません。
可憐な花びら同様、そっと優しく 育ててあげて下さいね。

しかし・・残念ながら、桜の植樹は今時期ではなく、秋~冬が適しています
これからの季節、さくら茶や桜の紅茶、お花見など 春の“柔らかな風”を楽しんでみてはいかがでしょう?

さくら茶 結び昆布付き さくら茶をティーカップで頂きました 桜の緑茶 缶入りwww.lupicia.com 
    
                                        森林総合研究所 桜
森林総合研究所や北海道開発土木研究所は
ちょっぴり穴場スポットです                    川崎
スポンサーサイト
  1. 2008/04/16(水) 09:00:00|
  2. 社員の独り言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<イタリア研修~最終回~ | ホーム | 高層建築>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kentnews.blog109.fc2.com/tb.php/143-3fb0170c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリー

月別アーカイブ

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。