スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

フランスパリにて

以前に、かの世界的有名な建築家ル・コルビュジュの住宅建築を見学!!
近代建築5原則の提唱をしたサヴォア邸である。

外観は華奢な柱のピロティで浮き上がった感覚に感じさせられる。

s-1.jpgs-2.jpg


内部に入るなり螺旋階段に目を奪われた。腰壁はもとより、スラブにまで曲線を描いた階段は非常に美しく素晴らしかった。

s-3.jpgs-4.jpg


2階の居間から眺める大開口サッシからは外部の空間を内部に呼び込んで、外部との一体感をもたせ、内外一体性の空間を2階に造り、まるで地上にあるかのように思わさせられる。

s-5.jpgs-6.jpg


天井高さは2800と非常に高いが、ドアの高さは1924とか1746と低い。我社の感覚では低すぎるか・・・。

s-7.jpg


浴槽の奥に奇妙な形をしたベンチのようなものがあったが、後々思えばコルビュジュチェアーと同じデザインをしたものであった。。。

s-8.jpgs-9.jpg


ドミノシステムにより自由な平面構成が計画でき、横長連想窓の効果で何処でも採光がとれており、とれない箇所にはトップライトにて補っていた。

s-10.jpgs-11.jpg


非常に考えさせられるモダン建築であった。

                             山本
スポンサーサイト
  1. 2008/04/28(月) 10:48:52|
  2. 社員の独り言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<憧れの・・・ | ホーム | 接客のプロ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kentnews.blog109.fc2.com/tb.php/148-c547b4af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリー

月別アーカイブ

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。