スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

。。。ケイカン。。。

お客様から 新築計画ご依頼を受け、プランニングに取り掛かかる前に行う仕事に
『敷地環境調査』があります。鉛筆

土地の条件に合わせて 建築基準法に基づく法的規制をクリアーさせる
当然のことですが、それだけではなく、お客様にいつでまでも健康で快適な暮らしを送って
いただくために、日当たり、プライバシー、騒音、街並みなどの社会的な周辺環境を考慮し、
計画に具体化するための非常に大切なポイントと位置づけ、十分な調査を夏も冬も雨の日も
風の日も全案件行っています。


調査中に遭遇するうれしいハプニングの1つに
隣近所の方々との触れ合いがあります。

「ここで何か始めるのかな?」と話しかけて頂くことが多々あり、時には
そこの地域の歴史や地質の特徴なども教えていただける場合も・・・


プランを進めていく上で「うれしく、おいしい情報」であるとともに、建物完成後から
永くお付き合い頂くことになる依頼主であるお客様のご近所付き合いの第一歩。

基盤づくりに一役買うこともでき、また個人的にも出会いの楽しみでもあったりします。

そして、自分自身で調査することにより、イメージが具体的に出来上がってきます。

それを左右する大事な要素の1つに街並みがあります。

札幌市では今年4月より 観法に基づく届出制度が始まり、市全域が景観計画
区域に指定され、ただ低層の住宅には直接該当しないものの、札幌市の
景観を育成していく上で素晴らしい法律となることを願っています。


また、設計者としてただ法律に頼るだけではなく、自主的に良い環境、景観を保てるよう
住まう人(お客様)とも協力し合いながらつくりあげていくのが大事なことなのでしょう。

『景観はみんなのもの』です・・・ 富士山



                                                 二本柳

スポンサーサイト
  1. 2008/06/25(水) 12:57:21|
  2. 社員の独り言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<・・・数字の味覚・・・ | ホーム | 家への思い>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kentnews.blog109.fc2.com/tb.php/168-f85ad08f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリー

月別アーカイブ

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。