スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

・・・楽しいハプニング ③・・・


見た目はスタイリッシュ、しゃべり出すと漫才の名コンビ。

そんなお二人とのトークは朝まで続きました。

家づくりの話題からファッションのこだわり、過去の暴露話、さらに二人の出会いに至るまで。

ほとんど私が拷問のように質問し、時々質問に答えては自爆し・・・
の繰り返し。

鋭い感性や表現力が要求される職業柄、二人の言葉の選び方やテンポの良さは
人並み外れていて、聞き手を飽きさせず、時間があっという間に過ぎていきました。

そんな新婚ほやほやな二人に、桂三枝のごとく、お互いどこに惚れたのか? 
という私の大きなお世話な質問に、奥様は・・・
一例として、「どんなことがあっても人の悪口を言わない」ところなどを具体的に挙げ、
逆にご主人の方は、「う~ん。。。」と、しばし悩み顔。

絞り出した答えも、初めて見た時の動きが。。。しぐさが。。。などの
抽象的な答えに加えて、「今までいないタイプだった」とか、
「彼女の撮った写真を見たときに衝撃を受けた・・・」などといかにも感覚的な答え。

でも、人にはなかなか伝えられないこのご主人の感覚的感性こそが、
逆に侮れない部分なのかもしれません。


おそらくは、理屈では語りきれない大きな「何か」がそこに潜んでいるということなのでしょう。

ご主人からの猛アタックに、徐々に心が動いた奥様。。。というストーリーと重なります。


私が初めてケント・ハウスのモデルを見たときに感じた思いがまさにそれでした。

具体的に「ここだ!!」とは説明できないけれど、ケント・ハウスのテイストや
空間を醸し出す存在の無い存在感。(わかりにくい~)

それが心を捉えて離さなかった大事な要素。

そんなモデルハウスには、実は来場者を惚れさせる数々の仕掛けがあったのです。

たとえば、この1枚の絵画のような美しい窓。

s-026.jpg



こんな小さな仕掛けも、人々の印象を左右する上では、わかりやすいどんなディスプレイにも
勝る大きな演出といえます。

そんな細かい違いを説明していただく前に自分自身で見つけられると、意味もなく嬉しくなって、
ある意味童心に返ることができます。


モデルハウスなどは特に、短時間でたくさん回れば回るほど、どれがどうだったか
混同しがち。

でも、ディテールは忘れてしまっても、各家に入った時の、最初の印象や感覚を大事に
していれば、後々の業者選びに役立ちます。

そんな細かいところにも応じてくれる対応力があることも大事な見極めの一つ。


スッキリ感は、単純に何もないからスッキリしているというわけではなく、
裏では、人が見た時のみえ方、見せ方などのバランスもしっかり計算されているということを
知り、脱帽される方もいることでしょう。。。


そんな家づくりの一端を担う大切なトリックのヒントを見つけにモデルハウスを巡るのも
家づくりの上級者には楽しみの1つ。



続きは、ケント・ハウスのモデルで。。。

s-015_20080915163558.jpg


KENT HOUSE モデルハウス
札幌市豊平区豊平1条10丁目北海道マイホームセンター札幌会場




さて、ご夫婦の着工は、まさにこれから。。。といったところ。

s-066.jpg


いったいどんな素敵なお宅が完成するのか乞うご期待!!


ご主人は、たった1枚の写真を通して、彼女から生み出された
独自の世界観に尊敬の念を抱いたという直感型センスの持ち主。

そんな生まれながらに彼女に与えられた美的感覚にインスピレーションを
感じ取ったのでしょう。

世の中に溢れる作品と呼べる一つ一つに作り手の感性や魂が込められているのだと
したら。。。

その作品も、やはり作り手の細胞の一部。


お客様にも そんな風に心を震わせるほどのモノづくりを これから先も、私たちは日々目指したいものです。


s-051.jpg








スポンサーサイト
  1. 2008/09/15(月) 23:59:45|
  2. 管理人トミちゃんのページ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<美食倶楽部 発足 | ホーム | ・・・楽しいハプニング ②・・・>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kentnews.blog109.fc2.com/tb.php/211-e01a47db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリー

月別アーカイブ

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。