スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

~最高に素敵なオブジェを求めて 4~

オブジェシリーズ前回の続きです。

私が次にヒントを得たものとは。。。

フランス生まれの木製ブロックです。

                           what03.jpg

手のひらにのるほどちいさな木片ですが、何十枚、何百枚と使って、家や城、
船や動物など様々なものを組立てることが出来るというもの。

kapla31_20090110181023.jpg


「カプラ」の魅力は、そのシンプルさ。
厚さ:横:縦が1:3:15の比率でできた同一の松の木片が、考案者の15年に
及ぶ試作研究から生まれた「究極のワンサイズ」です。
そして、正確な仕上げにより、高く積めば18メートルにも積み上げられます。
集中力、器用さ、創造性などを養い、ひとりでも大勢でも楽しめます。

・・・とあります。

説明の通り、確かにうっかりつくり始めると、大人も時間を忘れるほどハマります。

高さが高くなればなるほど、「基礎」の“施工”が影響してしまいます。

一つ一つ着実に丁寧に精巧に積み重ねないと、後が大変になるのは、
ドミノ倒しと共通するところがあります。

しかし、シンプルなものほど手間がかかっていたりするもの・・・

この単純とも言える木片に15年もの月日を要するほど、シンプルとは言葉のように
単純とはいきません。

そして、ここからヒントを得、考えたものとは、直線を重ね合わせてねじり、
曲線美を表現するオブジェでした。

照明などの力を借りて陰影を生み出し、ある程度のボリュームがあれば、
見ごたえのあるオブジェになるのでは・・・と“シンプル”に考えました。

                           s-080.jpg

問題は、その素材です。

儚さと透明感を併せ持つクールな質感を出したかった私が選んだ素材は・・・

ズバリ ガラス です。

現場監督の増田さんや業者さんも巻き込み、さっそく研究を開始しました。

そして。。。。

その結果、シンプルを甘く見てはいけない。。。と痛感したのでした。


シンプルなものを積み重ねて形にするのには、その一つ一つが緻密で精巧なものというのが
必要不可欠な条件となります。

小口や表面も卓越された仕上がりでなければ、断片が美しく見えては来ないばかりか施工にも影響し、
素材がガラスともなると、その透明感が逆にごまかしの利かない厄介な素材として欠点の方が
クローズアップされてしまいます。

そして1番の問題は、素材の持つ重みと予算の兼ね合い。。。。

プロの視点は、おさまりや処理、果ては運搬の問題など、素人発想では
なかなかたどり着かない現実を教えてくれます。

ケント・ハウスもシンプルに見せるがゆえに、裏ではその処理に多大な労力を
掛けているというのは、視点を変えて初めて目から鱗のところもあります。

プロフェッショナル達の話を聞いて驚愕することもしばしば・・・

シンプルは、いつの時代も新しい。。。そして美しい。

美しいがゆえに、深いのです。

そういう意味では、遊びも同じ。

アメリカの哲学者ロバート・フルガム氏の
『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』という言葉があります。

“砂場”という、単純な遊び場と、砂の一粒一粒に、生き方の知恵が詰まっているということを
意味しているのでしょう。。。

ほしいものを手にするための駆け引きやテクニックを覚え、情緒や自主性、
協調性を暗黙のルールや多くの社会性を身につける多くの教えがそこにあります。

時には山に、時にはお城に、想像を働かせ、センスを身につけ、成長できるのは
とても素敵なことだと思います。

幸い、北海道には砂のほかに、『雪』という素材にも恵まれています。
雪を積み、雪を転がし、雪を握り・・・

子供の頃は、庭に積もった雪で、自分の陣地をつくり、そこにお世辞にも立派とはいえない
家をつくり、空想の世界に浸ったものです。。。

私の幼少期の空想歴がオブジェに活かされているのかはまったく別の問題ですが・・・(笑)


~つづく~





スポンサーサイト
  1. 2009/01/11(日) 13:08:08|
  2. 管理人トミちゃんのページ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<~人を惹きつける黄金の法則~ | ホーム | 美食倶楽部 part3>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kentnews.blog109.fc2.com/tb.php/231-36afbd3c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリー

月別アーカイブ

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。