スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

~賑わいが蘇る日常~

月曜日から、ケントメンバーが帰国して、社内にはいつもの活気とにぎわいが
戻ってきました。

普段の光景と何ら変わりないようですが、心なしかラスベガスでの興奮が冷めやらず、
スタッフの瞳の奥の輝きは鮮度が増して煌めいていたように感じます。

社内研修の考え方はいろいろだと思いますが、特にクリエイティブに携わる職種において
常に鮮度の良いもモノをお届けするために、外部からの刺激は必要不可欠。


それだけではありません。

特に、旅行という非日常の行事は、日常での同じ時間を換算したとしても、
刺激の吸収率は何倍も異なります。

人生は、たくさんの小さな出会いの積み重ね。

海を越えた異国の地では、人生観を変えられるほどの大きな感動に出会えることもしばしば。

そして、普段職場での「顔」としてしか向き合わないスタッフ同士が、同じ目的を持って
その感動を共有できる数日間は、さらなる親近感や、共通点を見出し、
コミュニケーションをより深められることで、きっと仕事や建物に投影されることと思い
ますのでご期待ください。


さて、同じころ、居残り組の私も、新たなる発見に出会えました。
シーンと静まる会社内で、女性二人きりの和やかなトークで、
たくさんの学ぶべきエッセンスを頂きました。

発見させられた相手とは、、、

キッチン担当 林さん。

契約したお客様だけがかかわることのできる、ケントの秘密兵器の一人です。

林さんは、ケントの初期のころからスタッフの一員として屋台骨を支えてきた人です。

いわばケントの生き字引。


苦労知らずのようなあどけない表情からは、とてもお孫さんがいるとは思えないほど。

林さんは、相手の良いところを上手に見つけることと、お客様の減額の相談に関しては
定評があります。

「富ちゃんは、すぐに反省して偉いね・・・」と無邪気に褒めてくれる純真な眼差しには
反省だけはしても、同じ失敗を繰り返す苦い現実を責める毒は一切持ち合わせない
優しさと包容力もあり、私にとっては、甘えやすく居心地の良い
存在です。

バイタリティーがあって、世話好き。

だけど、話に夢中になると、時々論点がズレて。。。
「結局なんでしたっけ?」のところや、天然のところもあったり。。。とお茶目な一面も・・・

次回は、そんな林さんと私の留守番珍道中です。







スポンサーサイト
  1. 2009/02/09(月) 22:14:46|
  2. 管理人トミちゃんのページ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<『生き物』を動かす原動力 | ホーム | ~ケント・ハウスを支えるものとは~>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kentnews.blog109.fc2.com/tb.php/251-b34bef28
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリー

月別アーカイブ

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。