スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『生き物』を動かす原動力




スタッフが日本を離れている間、1番慌てたのが、あるものが無いという事態でした。

私は、普段それほど深くかかわっているわけではないので、いつも誰かが
気を配り用意していてくれたことが当たり前になっていたのかもしれません。

人は、実際に不便を感じたり、 面倒な事態になった時に、初めてその大切さが身にしみるもの・・・
コーヒー一つ淹れることにもアタフタ・・・戸締りをするのにもひと悶着。。。

そんな一幕もありつつ、のんびりムードな中、林さんと和やかに談笑を織り交ぜ、
ある日の1日はゆっくりと過ぎました。

その時の林語録の中の印象的な一言が、「会社は生き物」という言葉

一人入っただけで、会社の空気がガラリと一変する。

それは、会社自体が大きな波の中で動いているから。

長く勤めていると、家庭や仕事の狭間でつらい時期も皆無ではなかった
はずなのに、なぜか苦労話ではなく、明るい話に聞こえてしまうのは、持ち前の
楽観主義がなせる技でしょう。

林さんは不思議な人です。

社長は、いつも温厚で、社員にも優しいのですが、お客さんのことになると、とたんにキリリと引き締まります。

それが顕著に表れるのは、やっぱり林さんとのやり取り。

「はやしさ~ん、あの見積もりまだぁ~?」と、遠くの席で
めまぐるしく働いている本人の都合などお構いなしに、前振りなしで声をかけます。

他のスタッフの時とは微妙に違う 独特なイントネーションで・・・

林さんは、「はぁ~いぃ~」と言いながら、そそくさと対応。

その一幕を見ているだけでも、年月の積み重ねと、お互いの人間性を
理解した上だけでしか築くことのできない信頼関係が垣間見えます。

そして、無関係の私には、なぜか微笑ましいとすら感じてしまうのです。

あるお客様に、私がユニットバスの相談を何気なく受けたときは、
希望のものは現行商品では生産されていないことを知りつつ、無理は承知で
担当の林さんに相談したことを、林さんがしっかりと覚えていてくれて、
のちに出た後発の商品がたまたまそのご希望に見合い、、機転を利かせて納品期限ぎりぎりで
対応してくれたことがありました。

お客様にはとても感謝していただいたのですが、私は、たまたま
話しやすい人柄の林さんに相談しただけで、実際に何度も業者さんと
やりとりをしてくれたのは、その時、裏で動いていた林さんのおかげでした。

そんな経験を振り返ると、いろんなことを気軽に言いやすい人というのは、貴重な存在です。

プライドや志を高く持つと、他人に軽く見られたくないという心理が働き、
相手にも緊張感が出るのものですが、ダイレクトにぶつけやすい人というのは、
それだけの余裕や包容力を持ち合わせている度量があるからなのかもしれません。

例えばの話、気分のムラがあるときも、一呼吸も置かずにぶつけられやすい人ほど、キャパシティーが広く
受け入れられやすい人という見方もできます。

林さんの言葉を借りて、「会社は生き物」と捉えたとすると、
クリエイティブな仕事をする上では、ある程度の緊張感は原動力において常に必要なことですが、
そんな緊張感を緩和する人材もまた、貴重な役割を果たすこともあるのです。

“生き物”を成長させるには、様々な栄養源が必要ですから(笑)

会社は一人一人の個性を乗せて、目的に向かって航路を進んでいます。

そして、裏方では様々なスタッフが、1棟に丹精こめて汗を流しているのです。

s-043.jpg
御影石を傷つけないよう慎重に氷を砕いています。



お引き渡しの前には、早くから、時間ぎりぎりまで作業している現場の担当者たちの
姿があります。

                           s-048.jpg


監督はもちろん、常務でもアフターでも、一丸となって、真っ白な雑巾を片手に
建物に磨きをかけている背中は、ある種のプライドと哲学を持った男達の気迫が感じられるほど。

s-046.jpg

哲学とプライド、そして包容力。。。。 これこそがまさに生き物を根底から支えるエナジー
なのです。



スポンサーサイト
  1. 2009/02/15(日) 22:11:00|
  2. 管理人トミちゃんのページ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<笑顔が語るお引渡しの風景 | ホーム | ~賑わいが蘇る日常~>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kentnews.blog109.fc2.com/tb.php/253-d5817f67
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリー

月別アーカイブ

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。