スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

~食事という活性剤~



先日、2日間の内覧会が無事に終わりました。

7日の土曜日は、あいにくの天候もあり、比較的ゆっくりと時間が流れましたが、
翌日の日曜日は、前日の反動なのか、午後からは来場が重なり、あまりお話ができずに
帰られた方も多数いらっしゃり、申し訳ありませんでした。


こちらのお宅は札幌市街から程よく離れた住宅街にありました。

小さなお子さんのいる世帯のファミリーには子育てしやすい環境にあります。

土地選びで重要なポイントは、ライフスタイルを環境に溶け込ませやすいかどうか。。。

職場までの距離、実家の関係、教育面、そして日常の買い物や外食をするにあたっての
お店の雰囲気など・・・

特に、子どもにとっての環境面では、親にとっては、子育ての緩和に一役買うといっても過言ではありません。



001.jpg

・・・ということで、内覧会のお疲れ様会は、住宅街の一角にある小さなイタリアン


ラーメンやホルモンなど、B級グルメが続いていた私たちにとっては久々の超太っ腹の
豪華なコースです。
                                 008 (2)

                。。。というか、実はここは私の自宅のすぐそばなので、こちらのレストランは
               ランチ、ディナーと何度か訪れたことがあるのです。



   015_20090311213337.jpg

比較的リーズナブルなわりには、素材、味付けともに
こだわりがあるので、通りすがりにふと足が向いてしまいます。

そんな自分だけの隠れた名店を探すのも、町の散策をする上では楽しみの一つなのかも
しれません。
              021.jpg


                            025_20090311213434.jpg


食事時は、多くの人にとって心が安らぐとき。

躍進的な活躍を遂げている会社の多くは、コミュニケーションを大切にしている会社が少なくありません。

そんなコミュニケーションを最も取りやすいのは、やはり食事時。

ランチタイムには盛んにディスカッションが行われたり、笑い声が絶えない会社は
それに比例するように業績が好調という裏話も・・・

リラックスしながら語る仕事の話は、普段の緊張を和らげ、ふと気軽に新しいアイディアが生み出されたり、
今後の方向性を考える上でも大切にしたい時間です。

                 030.jpg



たとえば、楽天タワー内 3階にある「楽天食堂」

同じ釜の飯を食べ、業務の活性化に・・・と考案されました。
s-ra08.jpg
楽天タワーで働く人であれば、社員だけでなく派遣社員、
アルバイト、警備員でも朝食および昼食は、
ステーキや寿司など特別メニューを除いて全品無料
とても大胆な試みです。


                           こちらは富士フィルムの社員食堂
                        photo1.jpg
                      女性の視線を取り入れられ、簡単なミーティングも
                      行われています。



そして、会社の思想をそのまま社員食堂にも生かしたところも・・・

  photo4.jpg
素材にこだわりがあることで定評のヨーガンレール

どこかロハスな雰囲気が漂い、食材もその日のうちに使い切るという徹底ぶり。

会社の方針である“素材のこだわり”をランチにも生かした良い例です。

ケント・ハウスでも、「シンプル・ランチ」がお目見えする日は遠い将来ではないのかも
しれません・・・

個人的には、ランチに“シンプル”は物足りないかも・・・(笑)





スポンサーサイト
  1. 2009/03/14(土) 22:35:48|
  2. 管理人トミちゃんのページ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<~ それぞれの“時計哲学” 前編 ~ | ホーム | 海外放浪記 ラスベガス編2>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kentnews.blog109.fc2.com/tb.php/258-346461c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリー

月別アーカイブ

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。