スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

~ケント・ハウスにお似合いのグリーン~1





。。。先日、とあるオーナー様より、コメントにて貴重なリクエストを頂きました。

取り上げて頂きたいテーマは。。。「ケント・ハウスに似合う庭

う~~む。。。 難しい。

シンプルモダンと、ガーデニングというのは、“温もり”という点で言えば、
ある意味、微妙に相反しているような気がするからです。。。

。。。ということで、ゴールデンウィーク真っただ中の曇り空の某日、オーナーO様のために!!

そのヒントを求めて、。。。

   やってきたのが、雪印種苗園芸センター です。


087.jpg


ケント・ハウスのようなシンプルでシャープな印象の建物では、どうしても似合う樹木の種類が
限定されるため、お客様も庭づくりをするに当たり、頭を悩ませることが多いそうです。


“ガーデニング”という響きは、どちらかというと、洋風なイメージですし、
“庭園”となると、なんとなく立派な純和風を想像してしまいます。


室内空間も、ケントらしい生活感の無いスッキリとしたイメージを保つとなると、
グリーンの形やバランスやを考える上でも、やや難易度高め・・・



さて、お庭の話を元に戻しますが、ガーデニングに重宝されているのがコニファー系の植物ですね。

                                   089_20090503200327.jpg

コニファーは常緑で刈り込みにも耐える種類が多く、生垣やお隣からの目隠しなどによく利用されます。
庭に植えてアクセントにしたり、あるいは苗をコンテナで草花と寄せ植えするなど、
バリエーション豊かに楽しめます。
また、成長しても樹形が乱れにくいので、お手入れが楽なのもメリット


オープンな外構の庭にも良く似合う万能選手です。

ゴールドクレストに代表されるように、輸入住宅に似合う洋風ガーデンを連想させますがコニファーにも
色々な種類があります。

コニファーはマツ科、ヒノキ科、スギ科、イチイ科、マキ科、などに分類され、
名前は学名、和名、品種名などの呼び方があります。

品種によって様々なコニファーの印象を決定付けるのは、やはり形と色でしょう。

形もモッタリしたふくよか系から、スレンダーなものまで色々で、
葉色も緑、黄緑、黄金、濃緑、青緑、銀緑青、斑入りなど多彩です。

ですから、お好みにもよりますが、なるべくクールなイメージのケントの庭にコニファーを植えるのなら
そのテイストを生かすために、青シルバー系でスレンダーなものをアクセント程度に
抑えるか、また生け垣として使用する場合でも控え目に植えるのがお勧めです。


では、少し勉強してみましょう。。。

こちらは、コニファーの中でも最もポピュラーな品種の一つ

 s-162_20090504151350.jpg
緑の円錐形 その名も グリーンコーン(ヒノキ科)

香りがよく、丈夫なことから初心者にもお勧め

某サイトには、そもそもこの品種を枯らしてしまうようでは、他のコニファーは
育てられないと断言されています(笑) 



この説明からも、グリーンコーンがどの程度ベーシックであるのかが想像できるというもの。


お次はこちら。。。          

                                    s-160.jpg
                                    スパルタン(ヒノキ科)

                      スパルタンは樹勢が強く生育も旺盛な優れたコニファーです。
                      どちらかというと、グリーン色が強く、美しく整う狭円錐の樹形が特徴

                      こちらも比較的生育しやすい品種と言われています。



そしてこちらが。。。

スエシカ(ヒノキ科)
s-165.jpg

葉裏は灰白色なので全体に灰色を帯びて見えます。
成長が速めで、姿形がスッキリとしているのが特徴です。



同じコニファーでも、形や色味によって、随分と雰囲気が違いますね。。。


次回に続く・・・







スポンサーサイト
  1. 2009/05/03(日) 19:44:17|
  2. 管理人トミちゃんのページ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<~ケント・ハウスにお似合いのグリーン~2 | ホーム | ~地鎮祭の真相に迫る!!~>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kentnews.blog109.fc2.com/tb.php/272-0930cbf1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリー

月別アーカイブ

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。